高田馬場に新たなオルタナティブスペース「Alt_Medium」誕生。オープニング展示は山口和也「Eternal trace」

Pocket

R0016022-2

R0016007
2016年10月、東京・高田馬場に新たなオルタナティブスペース「Alt_Medium」が誕生しました。

駅から少し歩いた住宅街の中にあり、大通り沿いの歩道橋近くに現れる白い箱型のスペースが「Alt_Medium」です。友人が関わっていることもあり気になっていたので早速お邪魔してきました。

 

山口和也「Eternal trace」

R0016015-2

瞬間の彼方には永遠があって、僕はその永遠を描写する。- 山口和也

現在は、オープン第一弾の展示として山口和也による「Eternal trace」展が開催中。作者はこれまでの制作経験を元に、面白い技法でエネルギッシュに表現する。

銀箔の美しい支持体に、火薬から描かれるイメージ。瞬間から生まれたものをまさに焼き付けて、新たな世界を見せてくれる。一体どのように作っているのか気になったのと、是非大きいキャンバスに描かれたものも見てみたいなと感じました。

オルタナティブスペースとは

オルタナティブスペースとは何なのか、ギャラリーとの違いなどを疑問に思っていたこともあり展示にお邪魔した際にディレクターの白濱はるかさんへ少しお話を伺いました。

「Alt_Mediumは美術を中心に様々なジャンルの展覧会を開催しております。Professional / Amateur という二項対立にとらわれることなく、人と作品が対話を積み重ね、発展するための媒介となることを期待して運営しております。」

Alt_Mediumはオフィシャルサイトにて自身をこう語ります。メディウムという言葉が持つ媒介、つなぐものという意がその言葉やスペース名から感じられるように、様々なジャンルの展示や、展示だけでなくイベント等も行っていきたいとのこと。

白濱さんはこれまで大学で写真を学ぶのと並行して画廊に勤めていらっしゃり、作品だけでなくたくさんの人が交わる現象に魅せられてきたと話してくれました。

作る側と運営側から得られた経験をきっと新しい事に現してくれると思うし、私も人が繋がることや場が持つ引力を信じているので、この若きスペースを応援していきたいと思います。

住宅街に突如あらわれた面白いことが起きそうな、繋がっていきそうな場所「Alt_Medium」をこれからチェックしていきます。

 


山口和也「Eternal trace」

会期:2016年10月6日(木)〜30日(日)

10/8(土)18:00~20:00 Opening reception

OPEN:木〜日曜日、10月10 日(月・祝)

営業時間:12:00〜20:00

会場:Alt_Medium

住所:〒161-0033

東京都新宿区下落合2-6-3-102(下落合二丁目歩道橋そば)

Alt_Medium SNS:Twitter Facebook

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です